各種経営支援施策

当所では、人材育成、販路拡大など企業の発展を支援しています。

人材育成

新入社員研修毎年4月初旬開催)

・市内事業所で入社された新卒・中途採用の方を対象に社会人としての心構えや実務知識の習得を目的に開催しております。新入社員の早期戦力化や定着を支援いたします。

販路拡大・販売促進・企業交流

平成30年度第2次補正予算 小規模事業者持続化補助金

 

 持続的な経営に向けた経営計画に基づき、商工会議所の支援を受けながら顧客や販路の拡大や、併せて行う業務効率化(生産性向上)に取り組む規模事業者を対象にその費用を補助する制度です。(補助率2/3 上限原則50万円) 

※当補助金の申請には、商工会議所が作成する「事業支援計画書」等が必要です。

 事前に必ず商工会議所へご相談下さい。

 

 ・小規模事業者の定義

   商業・サービス業(宿泊業・娯楽業の除く)-常時使用従業員数 5人以下

   サービス業のうち宿泊業・娯楽業     -常時使用従業員数20人以下

   製造業その他                 -常時使用従業員数20人以下

 

 ・対象となる事業の一例

  (1)地道な販路拡大等の取り組み

     ・新商品を陳列するための棚の購入 ・新たな販促チラシの作成、送付 

     ・新たな販促用PR(マスコミ広告、ウエブサイトでの広告) ・ネット販売システムの構築

     ・展示会、見本市、商談会への参加 ・新商品の開発及びそれに要する専門家からの指導、助言、成分分析

  (2)業務効率化(生産性向上)の取り組みについて

     ・業務改善の専門家からの指導、助言による長時間労働の削減

     ・従業員の作業動線の確保や整理スペース導入のための店舗改装

     ・新たに倉庫管理、労務管理、POSレジ、経理会計ソフトウエア等を導入し、業務効率化を図る

 

 ・補助対象経費

   上記(1)または(2)に直接要する費用で下記のもの

   ①機械装置等費、②広報費、③展示会等出展費、④旅費、⑤開発費、⑥資料購入費、
   ⑦雑役務費、⑧借料、⑨専門家謝金、⑩専門家旅費、⑪車両購入費(買い物弱者対策事業の場合に限ります)、
   ⑫設備処分費(補助対象経費総額の1/2が上限)、⑬委託費、⑭外注費

   ※次の(1)~(3)の条件をすべて満たすものが、補助対象経費となります。
    (1)使用目的が本事業の遂行に必要なものと明確に特定できる経費
    (2)交付決定日以降に発生し対象期間中に支払が完了した経費

    (3)証拠資料等によって支払金額が確認できる経費

 

 ・当所での受付期限:令和元年6月5日(水)

    事業内容の確認及び補助申請に必要となる事業支援計画書等の作成に日数を要しますので、期限厳守にて

   お願い致します。

 

 ※ 詳しい内容や募集要項は下記特設サイトで御確認いただくか、当所までお問い合わせ下さい。

 

         日本商工会議所 平成30年度第2次補正予算 小規模事業者持続化補助金  特設サイト

 

         江別商工会議所 中小企業相談所 TEL:382-3121 FAX:385-2100

 

 

新築リフォームフェア(毎年4月開催)

・大切なお住まいに関することは、身近で安心できる地元企業にお任せ下さい。当所会員事業所が親切丁寧に対応致します。

物産展・取引商談会等出展支援助成金事業

・当所会員事業所の販路拡大を支援するため、「商談会」「見本市」「展示会」「物産展」などへの出店費用の一部を助成します。

ダウンロード
31年度 物産展支援助成金 チラシ.pdf
PDFファイル 210.3 KB
ダウンロード
物産展・取引商談会等出展支援助成金 申請書.doc
Microsoft Word 44.5 KB

ルート12企業交流会

・市内並びに近隣都市(札幌市白石区、岩見沢市、美唄市)の企業交流会。自社PRや情報交換、新たなビジネスチャンスにつながる交流の場としてご活用下さい。