労働保険事務委託制度

当所では、国の認可を受け労働保険事務組合を設置し、会員サービスの一環として労働保険の事務委託をお受けしております。

 

雇用保険や労災保険の加入手続、保険料の申告・納付に関する手続、雇用保険にかかる雇い入れ・退職の手続等を、事業主に代って行うことで事業主の事務負担の軽減や事務の効率化にお役立ていただけます。

 

また、事務委託をすることによって、労働者と一緒に働いている中小事業主及び家族従事者も労災保険に加入することができます。

※当事務組合では、一人親方等の労災特別加入制度は取り扱っておりません。

事務委託のできる事業主

常時使用する労働者が300人(金融、保険、不動産、小売業は50人、卸売業、サービス業は100人)以下の事業主で、当商工会議所会員事業所であれば委託することができます。

このような方に事務委託はおすすめです。

・労働保険事務手続き等をどのようにしたらよいかわからない

・労働保険事務に人手を割けない、余裕がない

・雇い入れや退職などのたびに、手続きのため関係官庁に出かけるのが面倒だ

・労働保険の年度更新手続きが面倒だ

・労働保険料を3分割で納付したい

・事業主及び家族従事者も労災保険に加入したい

事務委託のメリット

・届出書類等の作成をはじめ、各種事務処理並びにハローワーク等への書類の提出等は事務組合で行いますので、事業主の事務負担が軽減されます。

・労働保険料の金額にかかわらず、年3回(6月・10月・翌年1月)に分割して納付することができます

 ※当事務組合では、一人親方等の労災特別加入制度は取り扱っておりません。(委託初年度は、一括納付をお願い致しております)

・事業主及び家族従事者、役員等も労災保険に特別加入することができます
 ※当事務組合では、一人親方等の労災特別加入制度は取り扱っておりません。

事務委託の範囲

・労働保険料及び一般拠出金の申告及び納付に関する事務

・保険関係成立届、雇用保険の事業所設置届の提出等に関する事務

・労災保険の特別加入等の申請に関する事務

・雇用保険の被保険者に関する雇い入れ、退職等の届出の事務

・その他労働保険についての申請、届出、報告等に関する事務

委託事務手数料

 労災保険事務委託手数料(消費税込)

    (概算保険料×20%+1,200円)× 1.03 

  

雇用保険事務委託手数料(消費税込)

    (概算保険料×5%+1,200円)× 1.03 

 

※ 労災保険と雇用保険の両方の事務委託をされる場合は上記の合計額

 

詳しくは当所 労働保険事務組合担当までお気軽にお問い合わせ下さい。